初めの前のギリを刺す【2】

レジ番の場所に立つミサミは厨房の中にある閉じた折畳式椅子に垂らし掛けられた店主の白いエプロンから床ギリギリの位置にまで伸びた2本の紐を見つめる。

「もし今、あの紐を下に引っ張りでもしたら、紐を掴む私のその拳は床を打ち据え、挙句には大地を突き破ることになるわ。」

なぜなら、自分のギンガムチェックのエプロンの大きな前ポケットへ常に入れてある小銭を揉みしだく指に自ずと力が入るのが分かるからだ。

「よそ見してんじゃねえよ!」

「黙れ。ビビってんじゃねぇぞ、コラ。」

ミサミは厨房の方に体ごと視線を向けたまま寂しん坊な小男の無駄口に応じる。

「は?」

「あ?」

「俺がお前なんかにビビる訳ねえだろが!」

「じゃあ話しかけないでみてもらってもいいかしら。」

「すかしてんなあ。調子こいてんじゃねえぞ!ミサ!」

「その名前で呼ぶな」

「おい、聞いてんのかよ、ミサ!お前こそビビってんか?」

「その名前で呼ぶな」

「は?聞こえねえよ!」

「お前の声、デカ過ぎる。」

「そうなんだよ。コンビニでメビウスの7ミリくれって言ったら、そんなのありません、だって。シッシッシッシ(笑)」

話す時の十分の一の笑い声で目を瞑って肩を揺らす小男。

「だからさ、7ミリって分かる?セブンだよ、セブン!、って教えてやった訳。そしたらちゃんと出てくる訳よ。シッシッシッシ(笑)」

「良かったじゃん。」

ミサミにとってはタバコの種類に拘ることも話し声がうるさいことも良くはないが、あのことよりは死ぬほどマシだからそう言った。

「あ?やっぱセブンスターはサイコーだよなあ!な?あ?だろ?ミサもそうだろ?あ?」

「その名前で呼ぶな」

「シッシッシッシ(笑)」

「ほんとお前って幸せそうだなあ。」

「あ?そう?」

「そうよ。」

「ミサってマジでサイコーな!」

「その名前で呼ぶな」

「シッシッシッシ(笑)シッシッシッシ(笑)」

「帰れよ。」

「シッシッシッシ(笑)」

路地の向こう端の大通りからスーパーカブのライトがミサミの方に曲がって真っ直ぐに入ってくる。
そのライトの明かりがミサミの黒眼に猛然と差し込んで来ても眩しく無くて平気なのは、今日が曇りでも雨でもない良い天気で、時間がまだ夕方よりもずっと前だからだろう。

「もう帰れよ。」

「お?客か?」

「話、終わったんだろ?」

「まだ終わってはねえんだけどな。色々あんだよ、今回は。」

「でも。もう店主もそろそろかもしんないし。」

「今日はこんだけな。」

小男はいつもの様にポケットから全ての小銭を取り出して机に置いて席を立つ。

「お前だって、もうそろそろなんじゃねえのか?な、ミサちゃん!」

結局、小男はミサミとずっと目を合わせることの無いままに店を出て路地を抜け、小股でせかせかと歩き大通りを目指す。

ミサミは小男が大通りに消えて行ってからテーブルの上で一本に積み上がっている小銭のタワーを横から一気にかっさらい叫んだ。

「私はミサミだ!」

それからミサミは小銭を自分のエプロンのポケットへしまいながら店の中を見渡すが、さっきの餌やりの時間から他の客が増えた様子は無いし、追加のオーダーも来なそうだ。
そして窓際の水槽を見てもミサミの居る所からは生い茂る水草と立ち昇る気泡しか見えなくなってしまっている。
それを確認すると、ミサミはおもむろに店前の掃き掃除を始めるのだった。
だが、夜に閉店業務までやることになった日には水槽のガラス面に顔を近づけては眠りに就くカラフルなダンサー達に向けて必ずこう話しかけてしまう。

「古びない時計だってあるんだね。」

 

第3話へ続く

⇐第1話へ戻る

初めの前のギリを刺す【1】

ここぞってタイミングなのに気分が乗らない時は「自分の中の紐を押せば良い」んだわ。

その言葉を思い出したミサミは、ロールスクリーンの脇に沿ってスッと下に伸びている紐を見つめる。

「気分が乗らないから紐を押してみても良いんだよな?」

「ふぅん」

窓際に置かれた水槽のタイマーが餌を水面にばら撒く音が相槌と同じタイミングで鳴るや否や、色とりどりの水中生物達が一斉に水面近くへと集まって来る。

普段は感情や表情なんて見て取れない丸い瞳の生命群がカラダ中から食欲を漲らせ、餌をついばみながら、俊敏に押し合い圧し合いしている。

そんなカラフルなダンサー達の動きに合わせて散り散りになりながらも舞い踊る褐色のつぶつぶは、ひとつも水底の穏やかな所へと到着することは無く、全てが沢山のほんの小さな胃袋の中へと吸い込まれ、ミサミの視界からは綺麗に消え失せてしまった。

「終わったな。」

ミサミは振り向き、レジスターの脇に立ってこちらを見ている若い小男の方へと歩き出した。

「待った?」

「なんてこたないよ!」

「で、今日は何食った?」

「まだなんも。今来たとこだろうが!」

「あ、そう?知らなかった。」

「店主はいないのか?」

「いるよ。」

「そっか。」

若い小男は厨房とトイレの方を見る。

「まだ来てないけどね。」

「じゃあ丁度良かった。」

「何がよ?」

「お前が作れよ。」

「お前って誰さ。」

「誰でも良いよ。」

「誰もいねえよ。」

「だからお前が作れって!」

「うるさい!」

「は?」

「小魚君は勝手に座ってて。」

「は〜い。」

窓の外には一直線で細い路地が伸びている。

男の人がギリギリ擦れ違える程度の狭さのその路地を店の中から見ても、実は遠くの方まで見通す事が出来るが、今が何時なのかは意外とハッキリしない。

だからといって時が止まっているかの様な錯覚に浸れる訳では無い。

何故ならば餌の時間は定期的に来るし、少しずつでも客が来るし、気分が乗らない理由は消えないし、そもそもその理由はまだ予感めいたものとして芽生えたばかりなのかもしれないし。

第2話へ続く⇒

[或る用の疎]<19>第3章『辷』(5)

このお話の世界へとまた戻りましょう。

 

スヌスミティナ(Sns)という化合生成物で形作られたAとiは、

本来では動植物全般の腐食スピードとは比較にならない早さで形を終えさせてしまえる設計である。

 

しかし、これまでに書いた通り、ちっとも設計通りの変質がAとiには見受けなられない。

なので持ち主に捨てられて以来、動かぬもの以外の何物にもなってはいなかった。

 

だが、もうAもiも、廃棄されて消失処理の末に在りながら孤立しているのではない。

互いの存在を感知し合った時点から、Aとiとは人間臭さが錆び付いた各々の体躯を

四方八方で絡まらせ合ったまま、光の速さで孤立を打ち払い遠ざけた。

 

また、感知し合った一瞬の間において、蚊が人間の皮膚を刺して開ける程度の径サイズの間(ま)からでも理解をしえた。

また、その理解が開けた穴から差し入った光はAとiの脳内を広く広く飛散して照らし、

内臓されていた無限電池が震えて無限エネルギーを産み出し始めた。

知覚という意志から意識が開き直し、Aとiは生き返ったのだ。

 

そうやって知覚し合う両体は、もう土と孤立の概念の中にただ横たわったままでいるのではない。

彼らは対話をしている。もしかすると彼らの中では会話にまで進化しているのかもしれない。

両体には言語や性別の境が無く、現状では視覚機能は働かないので、

人間達の様な忌避感がコミュニケーションに伴わない。

 

そうであるが故にコミュニケーションレベルの進化が早いのは仕方が無い。

人間達が捨て得ないでいる見た目の印象や意見の違いに対する慎重さが、

Aやiの中には丸で無いから忌避感が漂いすらもしないのだが、

もしかしたらそれらは宇宙の彼方にはあるのかもしれない。

 

付け加えると、その彼方のどこかへはまだ誰も何も辿り着いてはいない。

 

<18>『辷』(4(戻る)

(続く)<20>『辷』(6

次回更新は2019年1月?!


・更新履歴:初稿<2019/11/05>