作品A:或る用の疎

——————-————————————————————–[或る用の疎]——-

<1>~<7>第1章『川』(1)~(7) 2017年4月~7月

 

<1>『川』(1)ビルの三階の窓から見下ろした高さ程は下の辺りに、以前までは川面が …..

 

<2>『川』(2)「嫌な事があった時にいっつも、なんで?て思うのとかめんどくさくな …..

 

<3>『川』(3)ケイジは味噌鍋うどんの汁をトンスイに上げてから、セットで2個付い …..

 

<4>『川』(4)アキラはこの暗闇の答えがはっきりと見えてくるまで、思考の術でここ …..

 

<5>『川』(5)今度は苛立ちから、次第に脳内を沸々としながら熱が回っていって思考 …..

 

<6>『川』(6)実際にアキラ式の人型サイレンが作動し始めてからどれほどの時間が過 …..

 

<7>『川』(了)新玉ねぎをまずよく洗ってから不均一に薄くスライスし、そのまま器へ …..

 

<8>~<14> 第2章『由』(1)~(7):2017年8月~2018年2月

 

<8>『由』(1)パーティーは必ず変な時間に始まる。それは何時からなのですか?と尋ねられても…..

 

<9>『由』(2)2059年現在、間間タスケは24歳の男性。彼も、世界中の大多数の他の人間と同じく職業は…..

 

<10>『由』(3)我々が人間である以上、どの階層で生活をする者においても、情報化社会が浸透した時に、情緒が情報の……

 

<11>『由』(4)黒い実と、白味を帯びたピンクの花弁達と小さな沢山の緑の葉を付けた植物を見つけた未知予は、……

 

<12>『由』(5)未知予達が作業をしている場所の周りを取り囲む緑の樹木達のどれかに名前を呼ばれた気がした……

 

<13>『由』(6)・あの日の満月みたいな雲だ・君はそこで君以外の世界中の全ての人たちの平穏を想って微笑んでみる・その時。……

 

<14>『由』(7)神がいてもいなくても、僕らはいつだって時代が作る仮想現実の中の蟻んこだ。右往左往しながら群れをなし、柔らかい場所……

 

<15>~ 第3章『辷』(1)~:2018年3月~

 

<15>『辷』(1)現代には、「受けない」という決断が立派な回答となるテストもある。「受けなかった」子供達も「受けた」子供達の……

 

<16>『辷』(2)私たちは離れるべきなのかな 私たちは離れてあるべきなのかな 判らない その答えを導き出すのは?……

 

<17>『辷』(3)そこはまるで水の中だ。とは言っても雄大にうねり横たわると表現されていた大河や何処までも……

 

<18>『辷』(4)さて。Aとiは(言わば)四肢の絡まり合った状態で地中に在る。動物の形をしていないAとiであるから、……

 

<19>『辷』(5)さこのお話の世界へとまた戻りましょう。スヌスミティナ(Sns)という化合生成物で形作られたAとiは、……

 

<20>『辷』(6)女が1人歩いている。その女の後方1キロメートルの辺りから更に後方へ向けては爆発が連なっている……
——-[あるようのそ]———–———————————————————————-

 

 

=SNS=

塵文請笑のFBページ